スロットマシンやスロットゲームの熱心なファンの方であれば、この記事は面白い内容であること間違いなしです。スロットマシンがどのように機能しているのか不思議に思ったことはありませんか?そんな方のために、企業がスロットゲームを作る際に最も使用するプログラミング言語についてご紹介します。

世界には700以上のプログラミング言語がありますが、その中でも特に優れていると評価されているのはごくわずかです。これは、ギャンブル事業を運営する会社や開発者にとっても変わりません。

ここでは、カジノ・ギャンブル業界で使用されているプログラミング言語を5つご紹介します。

Java(ジャバ)

ビデオゲームの開発に最もよく使用されるJavaは、Androidアプリからスマートフォンのゲームのロジックやメカニクスに至るまで、様々なものに応用されています。主にインターネットを利用したアプリケーションに使用されており、非常にシンプルな操作性と高い効率性を備えています。

JavaScript(ジャバスクリプト)

プログラミングの世界に詳しくない人は、JavaScriptをJavaと同じものだと思っているかもしれません。実際のところは、JavaScriptの主な用途はインタラクティブなウェブアプリケーションです。インタラクティブな機能を備えたこの言語は、ウェブベースのソフトウェアの開発に最適です。

Python(パイソン)

おそらく最も人気のあるプログラミング言語であるPythonは、あらゆることを可能にします。タスクの自動化、データの可視化・分析、さらにはWebサイトやソフトウェアの開発など、Pythonはあらゆる分野に対応しています。多くのギャンブル会社がスロットマシンゲームの開発にPythonを使用しているのも納得です。

C++(シープラスプラス)

C++は、主にハードウェアの制御に使用されますが、ゲームの開発にも最適なツールです。リソースの操作が得意で、ハードウェアに非常に近く、CPUに集約された機能上で手続き型プログラミングを行うことができるからです。

C#(シーシャープ)

C#は20年前に開発されたにもかかわらず、いまだに根強い人気を誇る言語です。多くのソフトウェア開発会社がWindows用デスクトップアプリやゲーム制作用途で使用しており、その関連性は非常に強いものとなっています。Playtech社やNetEnt社などのギャンブル企業も、お客様が楽しんでいるスロットゲームを制作するために使用している言語です。

最後に

基本的に、普通のゲームを作るために使われているプログラミング言語は、スロットマシンゲームを開発するときにも使われます。言語の役割は、あくまでもスロットマシンゲームを作るための道具にすぎません。プログラムの核心を掴んだソフトウェアエンジニアにとって、言語の切り替えはとても簡単です。さて、これらのことを学んだところで、実際にラッキースピンを回してみてはいかがでしょうか?